書籍『セルフ・コンパッション-あるがままの自分を受け入れる-』(クリスティーン・ネフ著)

『セルフ・コンパッション-あるがままの自分を受け入れる-』(クリスティーン・ネフ著)を読みました。

 

『セルフ・コンパッション』、完読しました。

 

(携帯で撮った写真です)

 

著者は、クリスティーン・ネフ。

訳者は、石村郁夫・樫村正美。

金剛出版から2014年11月30日に発行されました。

 

『セルフ・コンパッション-あるがままの自分を受け入れる-』の感想です。

 

・著者の体験と、そこから得られた洞察が多く書かれている。

・大学生等を被験者として行われた実験結果が記されていて、説得力がある。

・本の値段が高い。

私は公共図書館から借りました。住居する県内の図書館になく、電車で4時間かかる図書館から相互貸借で届きました。残業手当が多い月に買いますね。

ネフ氏は、自らの離婚体験、ヒッピーだった親との関係、自閉症をもつ子供との関りを通して、セルフコンパッションの大切さを説いています。

体験と気付きと理論が、交互に語られている本でした。

 

綺麗な画像を。

(画像引用:Amazon)