25.何を言われたって平気(ホイットニー・ヒューストンの曲):セルフカインドネス

25.何を言われたって平気(ホイットニー・ヒューストンの曲):セルフカインドネス

こんにちは。

各地が梅雨明けしたそうですね。

今年も暑くなるのでしょうか?

 

夏は水連と葉っぱに漂う水滴を見るのが楽しみ。

京都の法金剛院の池に咲く水連がお勧めです。

 

 

 

さて、

今朝、

通勤の車の中。

 

ラジオは、ホイットニー・ヒューストンの特集でした。

今回は、流れていた曲「Greatest Love Of All 」を基に、

「人から何を言われたって平気だよ。自分を自分自身が大切にしている限りね

ということについて記します。

 

この感覚を身に付けますと、

家庭生活、お仕事、友達付き合いの場で、

きっと楽になれます。

 

朝礼スピーチなど、人前で喋るときにも役立ちますよ。

 

 

 

Greatest Love Of Allをお聴きください

 

私がこの曲を聴いたのは、今朝が2度目です。

最初は、ドイツ映画「ありがとう、トニ・エルドマン」の中で主人公が歌っているのを聴きました。

 

DJが言った曲名を覚えて、職場で検索しました。

「オリジナルは1977年、ジョージ・ベンソンが歌い、85年にホイットニー・ヒューストンがカバーして世界的大ヒットになった」。

 

ユーチューブに挙がっていた「Greatest Love Of All 」を4つ貼ります。

 

1.まずは、英語と日本語訳つき

 

 

 

2.次は素敵な Official Music Video

 

 

 

3.Toni Erdmann「ありがとう、トニ・エルドマン」 (2016年アカデミー賞外国映画賞(ドイツ映画))
これが私が初めて聞いた曲です。1分目から歌っています。
激務で自分を見失っている主人公が父に促され、昔好きだった曲を歌います。

 

 

 

 

4.ジョージ・ベンソンが歌っています。
元世界チャンピオン、モハメド・アリの1977年の自伝的映画「The Greatest」の主題歌です。

 

 

ジーンとくる歌詞

 

曲名から男女の愛を詠っているのかと思いこんでいました。

でも、子どもに愛を教えるという形をとりながら、究極的には「自分を大切にすること」を歌っていたのですね。

 

歌詞の一部をご覧願います。

(日本語訳は、私のつたない意訳です。

大意は、お心のこもった「みるんのLovek&English Diary」を参考にしました。)

 

 

Everybody searching for a hero
People need someone to look up to
I never found anyone who fulfill my needs

人はだれしも理想とする誰かを探している。
尊敬できる誰かが必要なのでしょう。

でも、求める全てを満たす人を私は見つけることが出来なかった。

 

A lonely place to be
So I learned to depend on me
だから私はだれにも頼れず独りぼっちだ。
結局、頼れるのは私自身しかいないと気づいた。

 

I decided long ago, never to walk in anyone’s shadows
If I fail, if I succeed
At least I’ll live as I believe
決して誰かの真似はしないと昔から決めていた。
失敗しても成功してもいいから
自分が信じるように生きていくしかないないんだ。
No matter what they take from me
They can’t take away my dignity
人に何を取られても私はかまわない。
自分自身が抱く尊厳だけは誰も奪うことはできないから。

 

Because the greatest love of all
Is happening to me
I found the greatest love of all
Inside of me

何故なら、素敵な慈しみが
私の中で生まれていることに気付いたから。

慈しみを外に求めても見つからなかった。
それは私自身の奥底にあったんだ。

The greatest love of all
Is easy to achieve
Learning to love yourself
It is the greatest love of all
大きな慈しみを手にすることは実は簡単。
自分自身を大切にすることを学ぼう。
それこそが一番大きな恵みだから。

 

 

どんな感想を抱かれましたか?

 

私は次のことを歌詞から学びました。

私がもともと持っているものを大切にさえすれば、
人から何を言われようが平気。

自分で自分を傷めない限り、
だれも、私の奥底にある尊厳を奪うことはできないから。

 

 

自分を慈しみ自分を大切にするセルフカインドネス

 

あなたの表面を見て、人はあなたを勝手に評価します。

時には人からののしられることもあるでしょう。

 

しかし、それでもいいのです。

 

人からどのように評価されようが、

何を言われようが、

あなたがあなた自身を見捨てない限り、

あなたは素敵です。

 

セルフコンパッションに関する今までの投稿一覧

 

1.怒りとの良い付き合い方:マインドフルネス

2.私が今ここにいる意味と『病者の祈り』:マインドフルネス

3.今を生きる:コモンヒューマニティー・マインドフルネス

4.「棚上げ」という魔法:マインドフルネス

5.母を亡くしました:コモンヒューマニティー・マインドフルネス

6.認知症だった母への罪悪感:セルフカインドネス

7.罪悪感を手放す具体的な方法:セルフカインドネス

8.罪悪感と怒りとは同じものかもしれません:セルフカインドネス

9.悲しみは誰でも持っている。『でんでん虫の悲しみ』(新美南吉):コモンヒューマニティー

10.対話は、理解よりも共感が大切! -書籍と映画を通じて-:マインドフルネス

11.「自己責任論」を「セルフコンパッション」で乗り超える:セルフカインドネス

12.自分の思い込みを知って、楽に生きよう!:マインドフルネス

13.映画「ありがとう、トニ・エルドマン」にみる父と娘:マインドフルネス

14.気持ちを素直に伝える。これがアサーションという権利:マインドフルネス

15.押してもダメなら引いてみな。「逆櫓の構え」:セルフカインドネス

16.コミュニケーション能力が低いのは誰だ?:セルフカインドネス

17.答えないことが答え?:マインドフルネス

18.心を開いて~ZARDの歌詞から思ったこと:コモンヒューマニティー

19.悲しい時は悲しいままに:マインドフルネス

20.「あなたを許す」:セルフカインドネス

21.箱を作る人:マインドフルネス

22.大人の願いと、子どもの受け止め方:コモンヒューマニティー

23.想像力(再度、でんでん虫の悲しみ):コモンヒューマニティー

24.大事にされている安心感:セルフカインドネス

25.何を言われたって平気(ホイットニー・ヒューストンの曲):セルフカインドネス

 

 

コメントする