40.『病者の祈り』~弱さを生きる~ :セルフカインドネス

40.『病者の祈り』~弱さを生きる~ :セルフカインドネス

こんにちは。

 

自分を振り返り、情けなく感じることが時にあります。

家族生活、職場でのあり方、社会との交わり、友人関係、、、、、。

 

 

 

 

んなとき、私が読み直す詩があります。

それが『病者の祈り』です。

 

 

『病者の祈り』
(ニューヨーク・リハビリテーション研究所の壁に書かれた一人の患者の詩)

 

 

自分が抱える困難があまりにも重く、自分が無力だと感じることが時々あります。

不器用で技能がなく情けない自分、大きな現実にすくんでしまい何もできない自分。

 

そんな時に、「よし、弱い自分でもいいかな、ダメな自分でもいいかな」という気にさせてくれる詩があります。

ニューヨーク・リハビリテーション研究所の壁に書かれた一人の患者の詩です。

 

なお、詩の冒頭の「神」という言葉に違和感をお感じになる方は、「自然に」や「人に」や「社会に」や「家族に」と読み替えてもよろしいかと思います。

 

 

『病者の祈り』

 

大事を成そうとして力を与えてほしいと神に求めたのに、
慎み深く従順であるようにと弱さを授かった。

より偉大なことができるようにと健康を求めたのに、
より良きことができるようにと病弱を与えられた。

幸せになろうとして富を求めたのに、
賢明であるようにと貧困を授かった。

世の人々の賞賛を得ようとして権力を求めたのに、
神の前にひざまずくようにと弱さを授かった。

人生を享楽しようとあらゆるものを求めたのに、
あらゆることを喜べるようにと生命を授かった。

求めたものは一つとして与えられなかったが、
願いはすべて聞き届けられた。

神の意にそわぬものであるにもかかわらず、
心の中を言い表せない祈りはすべてかなえられた。

私はあらゆる人の中でもっとも豊かに祝福されたのだ。

 

『英語の原文』

 

【 The Answer to All My Prayers 】
━ A Creed for Those Who Have Suffered ━

 

I asked God for strength, that I might achieve,

I was made weak, that I might learn humbly to obey.

 

I asked for health, that I might do greater things,

I was given infirmity, that I might do better things.

 

I asked for riches, that I might be happy,

I was given poverty, that I might be wise.

 

I asked for power, that I might have the praise of men,

I was given weakness, that I might feel the need of God.

 

I asked for all things, that I might enjoy life,

I was given life, that I might enjoy all things.

 

I got nothing that I asked for —-

but everything I had hoped for.

 

Almost despite myself,
my unspoken prayers were answered.

 

I am among all men, most richly blessed!

 

 

ニューヨーク・リハビリテーション研究所
待合室の壁に飾られた銘板より
(引用 https://blog.goo.ne.jp/true-vine/e/f70d7be32b35224d55bfcce80dcd1b76)

 

スピーチに困ったら、こちらのサイトをヒントに
昭和オジサンが謎を基に、朝礼スピーチのネタをアドバイス

 

 

自分の良心を大切に生きるためのセルフカインドネス

 

 

『病者の祈り』は、周囲に惑わされずに、自分の良心に従って生き抜いてきた「強さ」を感じます。

 

人からの心無い非難もあったことでしょう。

詩中の言葉、「病弱」「貧困」「弱さ」、、、、。

貧困、蔑み、誤解、不遇の日々、、、、、。

 

しかし、

『あらゆることを喜べる』

『願いはすべて聞き届けられた』

『祈りはすべてかなえられた』

作者は、そう思える生命を生きてきました。

 

私は揺れています。

 

自分の心を守るために、セルフカインドネスを大切にしたいです。

「今のあなたのままでいいから、自分を大切にしてください」と自分を労いたいです。

 

 

 

 

 

ルフコンパッションに関する今までの投稿一覧

 

1.怒りとの良い付き合い方:マインドフルネス

2.私が今ここにいる意味と『病者の祈り』:マインドフルネス

3.今を生きる:コモンヒューマニティー・マインドフルネス

4.「棚上げ」という魔法:マインドフルネス

5.母を亡くしました:コモンヒューマニティー・マインドフルネス

6.認知症だった母への罪悪感:セルフカインドネス

7.罪悪感を手放す具体的な方法:セルフカインドネス

8.罪悪感と怒りとは同じものかもしれません:セルフカインドネス

9.悲しみは誰でも持っている。『でんでん虫の悲しみ』(新美南吉):コモンヒューマニティー

10.対話は、理解よりも共感が大切! -書籍と映画を通じて-:マインドフルネス

11.「自己責任論」を「セルフコンパッション」で乗り超える:セルフカインドネス

12.自分の思い込みを知って、楽に生きよう!:マインドフルネス

13.映画「ありがとう、トニ・エルドマン」にみる父と娘:マインドフルネス

14.気持ちを素直に伝える。これがアサーションという権利:マインドフルネス

15.押してもダメなら引いてみな。「逆櫓の構え」:セルフカインドネス

16.コミュニケーション能力が低いのは誰だ?:セルフカインドネス

17.答えないことが答え?:マインドフルネス

18.心を開いて~ZARDの歌詞から思ったこと:コモンヒューマニティー

19.悲しい時は悲しいままに:マインドフルネス

20.「あなたを許す」:セルフカインドネス

21.箱を作る人:マインドフルネス

22.大人の願いと、子どもの受け止め方:コモンヒューマニティー

23.想像力(再度、でんでん虫の悲しみ):コモンヒューマニティー

24.大事にされている安心感:セルフカインドネス

25.何を言われたって平気(ホイットニー・ヒューストンの曲):セルフカインドネス

26.弓を引く人:マインドフルネス

27.ビリー・ジョエルが持つウツ:コモンヒュマニティー

28.幸せがあふれ出す三つの考え方:セルフカインドネス

29.♪ ゾウさん、お鼻が長いのね♪:セルフカインドネス

30:レーズン一粒を味わった:マインドフルネス

31.コロナで気が晴れない:コモンヒューマニティー

32.コロナの負の連鎖を断ち感謝や支援を:コモンヒューマニティー

33.過去は変わらない。でも、過去の解釈は変えられる:マインドフルネス

34.谷川俊太郎さんの「いま生きているということ」

35.だから、あすのことを思いわずらうな。あすのことは、あす自身が思いわずらうであろう。一日の苦労は、その日一日だけで十分である。:マインドフルネス

36.じゃんけんで負けて蛍に生まれたの:マインドフルネス

37.自分と枠:セルフカインドネス

38.闘牛より花が好きな牛さん:セルフカインドネス

39.やぎさんゆうびん ♪お手紙、美味しいのかな?♪:コモンヒューマニティー

40.『病者の祈り』~弱さを生きる~:セルフカインドネス

 

 

 

 

 

 

コメントする