18.心を開いて~ZARDの歌詞から思ったこと~:コモンヒューマニティー

今日は11月30日です。

明日から12月。

 

晩秋?

初冬?

それとも?

気温の変化が大きい日が続きますね。

こんな時期は心穏やかに編み物でもいかがですか?

 

・ニットの貴公子、広瀬光治さんのblog「羊のひとりごと」

・♯編み物男子Twitter

 

 

今回は、ZARDの『心を開いて』の歌詞について思いましたことを書きます。

(アイキャッチ画像引用:Amazon)

 

ポカリスウェットCM、『心を開いて』

 

『心を開いて』。

ZARDで一番好きな曲です。

(作詞は坂井泉水さん、作曲が織田哲郎さん)

 

この曲を知ったのはポカリスウェットのテレビCM。

すぐにレコード店に走ったことを想いだします。

 

「ポカリスウェットのCMのCDください!」

これで店員さんは分かってくださいましたよ。

 

(画像引用:大塚製薬)

 

寝る前にふと聴きたくなって、YouTube動画を探すことがあります。

・ポカリスウェットCM→「心を開いて」30秒バージョン(1996年)

・同CM→「心を開いて」60秒バージョン

・同CM→「心を開いて」香港バージョン(素敵!)

・同CM→1985年~2010年分たくさん

・同CM→大塚製薬HPの「CM&グラフィック」(最近のがたくさん)

 


私はあなたが想ってる様な人ではないかもしれない ♪♪♪ 

 

『心を開いて』の歌いだしの部分を聴くだけで、曲に吸い込まれます。

 

 

私はあなたが想ってる

様な人ではないかもしれない

でも不思議なんだけど

あなたの声を聞いてると

とても 優しい気持ちになるのよ

 

 

歌詞から受けるイメージを書いてみますね。

 

貴方は私に声かけてくれる。

話をしてくれる。

 

ねえ、私って貴方の目にどんな風に映っている?

どんな人だと思っている?

貴方は私のことを、あんな人、こんな人だとイメージしているんだろうな。

でも、本当の私は、イメージとは違っているかもしれない。

私ってどんな人だろう?

情けない自分、弱い自分、みにくい自分。

いろんな自分がひそんでいる。

 

私より早く貴方に本当の自分を気付かれるのは、

照れくさくて、そして怖い感じがする。

自分をさらけ出してみたいけど、どう思われるか怖い。

だって、私を嫌になって離れていかれるのは寂しいから。

 

でもね、

貴方の話を聴いていると心が穏やかになってくるの。

私がどんな私だっていいと思えてくるんだ。

変な私でも貴方なら受け入れてくれそうな気がする。

どんな私でも、ずっと声をかけてね。

これからもずっと話をしてね。

 

 

私の解釈はセンチメンタルですか?

笑いますか?

今は晩秋、

もの想う季節だからお許しを。

 

全歌詞はこちらをクリック→「うたまっぷ.com」

 

人と深くつきあうこと私もそんなに 得意じゃなかった ♪♪

 

 

 

次は2番の歌詞。

 

人と深くつきあうこと

私もそんなに 得意じゃなかった

でも あなたを見ていると

私と似ていて もどかしい

そういう所が たまらなく好きなの

 

この歌詞、私(私です)と同じだと感じます。

 

「貴方って本当はこんな人でしょ」

と指摘されるとびっくりする。

「変わった人」

と言われるのが怖い。

だから、心を奥にしまっているの。

 

いつか、貴方に言ってみたいことがある。

ホントのことを言ってみたい。

自分を全部さらけ出してみたい。

 

試してみたい。

 

もしかしたら、貴方も私みたいな人かしら。

貴方ってどことなく遠慮っぽいもんね。

それに、どこか不器用な感じがする。

 

そんな貴方がいじらしくって、ぎゅっとしてあげたい。

 

貴方のこと、もっともっと知りたい。

なんでも私にしゃべってよ。

私は大丈夫。

どんな貴方であってもいい。

ホントのことさえ言ってくれたら嬉しいだけなの。

 

もし、もしも私に小さな勇気があればと思うことがあるの。

そうしたら、私から貴方に話しかける。

それまで、もう少しだけ待っててね。

 

 

私の解釈は感傷的ですか?

苦笑いですか?

そろそろ冬、

憂う季節だからお許しを。

 

全歌詞はこちらをクリック→「うたまっぷ.com」

 

 

『心を開いて』、コモンヒューマニティー

 

自分に厳しいとき、こんな自分じゃダメだって思うとき、

ありますねえ。

特に尊敬する人を前にすると、そして大好きな人を前にすると。

 

こんな時、

「誰でも同じだよ」と考えたいです。

 

目の前の立派な人、本で読んだことがある心が澄んだ人、

そんな方々も苦労はあります。

その悩みは多かれ少なかれ貴方と似たところがあります。

 

人間、誰でも同じ戸惑いを持っています。

 

「自分だけ」というフレーズが頭を駆け巡ったとき、

ふと「私だけ」と独り言を呟いたとき、

その時は、立ち止まって「コモンヒューマニティー」を意識しましょう。

 

「私だけじゃない」。

 

心が穏やかになりますよ。

 

コモンヒューマニティーの固定ページ
「自分も人も共通」コモンヒューマニティー(Common Humanity)

 

 

是非とも、『心を開いて』の歌詞を読んでください。

全歌詞はこちらをクリック→「うたまっぷ.com」

ルフコンパッションに関する今までの投稿一覧

 

1.怒りとの良い付き合い方とマインドフルネス

2.私が今ここにいる意味と『病者の祈り』

3.今を生きる

4.「棚上げ」という魔法

5.母を亡くしました

6.認知症だった母への罪悪感

7.罪悪感を手放す具体的な方法

8.罪悪感と怒りとは同じものかもしれません

9.悲しみは誰でも持っている。『でんでん虫の悲しみ』(新美南吉)

10.対話は、理解よりも共感が大切! -書籍と映画を通じて-

11.「自己責任論」を「セルフコンパッション」で乗り超える

12.自分の思い込みを知って、楽に生きよう!

13.映画「ありがとう、トニ・エルドマン」にみる父と娘

14.気持ちを素直に伝える。これがアサーションという権利

15.押してもダメなら引いてみな。「逆櫓の構え」

16.コミュニケーション能力が低いのは誰だ?

17.答えないことが答え?

18.心を開いて~ZARDの歌詞から思ったこと

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です