19.悲しい時は悲しいままに:マインドフルネス 

こんにちは。

みなさんがお住まいのところ、

今年の冬はいかがでしょうか?

 

こちらは昨年の大雪が嘘のように暖かな冬です。

 

 

 

悲しいことがありました

 

大きな悲しみに取り込まれて身動きがとれなくなったことってありますか?

 

私は最近ありました。

そして、今も毎日続いています。

 

夜中、泣いています。

声が大きくなったら、布団をかぶります。

 

 

泣くまいとは思えません。

頑張ろうとも思えません。

ただただ泣いています。

 

 

今、私にできること?

 

泣くことです。

泣き続けることです。

 

マインドフルネス

 

マインドフルネスでは、感情に抗うな(あらがうな)と言います。

 

感情を抑えようにも、感情を消そうにも、感情をごまかそうにも、

この悲しみはどうにもなりません。

 

そんなときは、泣くだけです。

 

ただし、

できるだけ今までの生活習慣に戻ろうとしています。

悲しみはそのままにして、いつもどおり皿を洗っています。

 

何も考えずに自分を習慣に合わせることによって、

その時だけは悲しみから逃れています。

 

マインドフルネスにご関心がある方は、

固定ページ:その3.「ありのままの自分を観る」マインドフルネ(Mindfulness)

 

 

セルフコンパッションに関する今までの投稿一覧

 

1.怒りとの良い付き合い方とマインドフルネス

2.私が今ここにいる意味と『病者の祈り』

3.今を生きる

4.「棚上げ」という魔法

5.母を亡くしました

6.認知症だった母への罪悪感

7.罪悪感を手放す具体的な方法

8.罪悪感と怒りとは同じものかもしれません

9.悲しみは誰でも持っている。『でんでん虫の悲しみ』(新美南吉)

10.対話は、理解よりも共感が大切! -書籍と映画を通じて-

11.「自己責任論」を「セルフコンパッション」で乗り超える

12.自分の思い込みを知って、楽に生きよう!

13.映画「ありがとう、トニ・エルドマン」にみる父と娘

14.気持ちを素直に伝える。これがアサーションという権利

15.押してもダメなら引いてみな。「逆櫓の構え」

16.コミュニケーション能力が低いのは誰だ?

17.答えないことが答え?

18.心を開いて~ZARDの歌詞から思ったこと

19.悲しい時は悲しいままに:マインドフルネス